jekyll bootstrapをgithubページにインストールしてみた

22 Mar 2012

自前で作ってたけど、jekyll-bootstrapがかっこよかったので入れてみた。

Blogging with Jekyll Tutorial | Jekyll-Bootstrap

$ git clone https://github.com/plusjade/jekyll-bootstrap.git mattn.github.com
$ cd mattn.github.com
$ git remote set-url origin git@github.com:mattn/mattn.github.com.git
$ git push origin master

テーマも変えた

$ rake theme:install git="https://github.com/jekyllbootstrap/theme-twitter.git"

記事書いて

$ vim _post/2012-03-22-installed-jekyll-bootstrap.md
$ git add !$ && git commit -m "add"

投稿

$ git push origin master

簡単。ローカルで確認したいなら

$ gem install jekyll
$ jekyll --server --auto

この辺は前に書いたのでそっちを見てね。

Jekyllで始める簡単ブログ

githubとjekyllとoctopressで作る簡単でモダンなブログ

何も触らなくていいのが便利だし、テーマブラウザとかカッコ良すぎる。 ちなみに、分かってる人は分かってるだろうけど、octopressはmarkdownを静的にhtmlを生成してアップロードするのに対してjekyllはmarkdownのままアップロードしてgithubに処理させてるので、jekyllプラグインはgithub上で動こうとする。つまりローカルでしか動かないという事。